本文へスキップ

草加市文化会館は、1,200名収容可能な大ホールや、大小の会議室・実習室などを備えた文化施設です。

電話でのお問い合わせはTEL.048-931-9325

〒340-0013 埼玉県草加市松江1-1-5

草加に藝大がやってきた〜スペシャルトリオ・コンサート〜

東京藝術大学協力によるスペシャルコンサート。
藝大や草加にゆかりのある出演者たちが、素敵な演奏をお届けします。


日時 2017年8月26日(土)13:15 開場/14:00 開演

(画像クリックで拡大)
会場 草加市文化会館ホール
出演 中木健二(チェロ)/東京藝術大学准教授
岡本彩香(ヴァイオリン)/東京藝術大学卒
守田絢子(ピアノ)/草加市在住
予定曲目 ピアノ三重奏曲 ト長調 K.564(モーツァルト)
ヴァイオリンソナタ イ長調(フランク)
無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV1007(バッハ)
ピアノ三重奏曲 イ短調(ラヴェル)
チケット 全席指定・未就学児入場不可
一般 2,000円/友の会 1,500円/学生 500円
【友の会先行】2017年4月22日(土) 10:00〜
【一般販売】 2017年4月29日(土・祝) 10:00〜
※どちらも電話予約は翌日の10:00〜
プレイガイド
東武よみうりチケットセンター・・・・・・TEL 048-987-0553
草加市物産・観光情報センター・・・・・・TEL 048-921-1800
カンフェティ Confetti・・・TEL 0120-240-540 / http://www.confetti-web.com/
公文協公演情報&TICKETS・・・http://zenkoubun.ticketan.net/
後援 埼玉県、草加市、草加市教育委員会、NHKさいたま放送局


出演者紹介


(C)KING RECORDS
中木健二(チェロ)
 愛知県岡崎市生まれ。3歳でチェロを始める。
 名古屋市立菊里高等学校、東京藝術大学を経て2003年渡仏、パリ国立高等音楽院チェロ科でP.ミュレールに師事し、07年にプルミエ・プリ(一等賞)および審査員特別賞をもって卒業。さらに09年スイス・ベルン芸術大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。また、04年より6年間イタリアのキジアーナ音楽院夏期マスタークラスでA.メネセスのクラスを受講し、最優秀ディプロマを取得。
 2005年第5回ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール第1位受賞。同年、第16回FLAME音楽コンクール(フランス)優勝。08年第1回Note et Bien国際フランス音楽コンクールでグランプリならびにドビュッシー特別賞、ブーレーズ特別賞を受賞するなど、受賞多数。
 2010年よりフランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団首席奏者として活躍すると共に、リサイタル、オーケストラとの共演、音楽祭出演など幅広い演奏活動を行う。室内楽にも精力的に取り組み、S.アッカルド、B.ジュランナ、A.メネセス、A.チュマチェンコ、C.イヴァルディ等と共演。
 2014年4月帰国。ソリストとして活躍するほか、14年にアンサンブル「天下統一」(ヴァイオリン:長原幸太、ヴィオラ:鈴木康浩)を、15年に弦楽四重奏団“葦”(ヴァイオリン:白井圭、ビルマン聡平、ヴィオラ:大島亮)を結成し定期的に演奏活動を行うなど、室内楽にも情熱を注いでいる。
  2013年にデビューCD「美しき夕暮れ」を、16年11月に2作目のCDとなる「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲」をリリース(キングレコード)。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。東京藝術大学音楽学部准教授。
 使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている1700年製ヨーゼフ・グァルネリ。 第11回名古屋音楽ペンクラブ賞受賞。
岡本彩香(ヴァイオリン)
 三重県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。卒業時に、アカンサス音楽賞及び同声会賞を受賞。岡田文化財団奨学生として2年間アメリカ・ニューヨークに留学。アーロン・ロザンド氏に師事し研鑽を積む。帰国後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を修了。
 これまでに、野上阜三博、若林暢、吉川朝子、オレグ・クリサ、ジュラール・プーレ、澤和樹、松原勝也の各氏に師事。イツァーク・パールマン、ジョゼフ・リン氏のマスタークラスを受講。
 第54回、第56回全日本学生音楽コンクール名古屋大会小学校の部及び中学校の部第1位。第7回大阪国際音楽コンクール弦楽部門第3位。第1回蓼科音楽コンクール(現セリシア国際音楽コンクール)第1位。第17回KOBE国際音楽コンクールにて最優秀賞・神戸市長賞及びタカハシパール賞受賞。三重音楽コンクール第1位最優秀賞及び三重県知事賞受賞。第23回サミット音楽祭コンチェルトコンペティション(アメリカ)第2位。第24回新進音楽家奨励賞を受賞。
 これまでにエド・デ・ワールト氏指揮ベルギー・ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団、堀正文氏率いるNHK交響楽団室内オーケストラ、古谷誠一氏指揮セントラル愛知交響楽団、藤岡幸夫氏指揮関西フィルハーモニー管弦楽団など多数のオーケストラと共演。銀座ヤマハホールにてリサイタルを開催するほか、バイエルン放送響首席ヴィオラ奏者ヘルマン・メニングハウス氏とデュオリサイタルを開催するなど積極的に演奏活動を展開している。
 室内楽の分野においても研究を重ね、東京JTアートホール「JTが育てるアンサンブルシリーズ」に出演するほか、東京藝術大学とウイーン国立音楽大学との共同プロジェクト「Haydn total」(ハイドン弦楽四重奏全集)に参加している。
 現在、ソロ、室内楽を中心に様々なジャンルにおいて演奏活動を行なっている。未来を担う子供達への音楽教育にも興味を持ち、子供のためのプレミアムコンサートに定期的に出演するほか、後進の指導にも当たっている。
守田絢子(ピアノ)
 国立音楽大学附属中学校・高等学校卒業。東京音楽大学首席卒業。東京音楽大学大学院修了。
 レ・スプレンデル音楽コンクール最高位。日本クラシック音楽コンクール最高位。ソレイユ音楽コンクール第1位。音楽現代新人賞受賞。優勝者としてオーストリア・ウィーン国際夏期アカデミーへ招待を受ける。日本演奏家コンクール第2位。
 フランス・ニース国際夏期アカデミー、フランス・クールシュベール国際夏期アカデミー、武生国際夏期アカデミーへ参加。それぞれ教授推薦を受け、選抜コンサートに出演。ベルギー・ブリュッセル王立音楽院マスタースペシャリゼ課程入学。在学中、ベルギー政府給費奨学金(フランス語圏)を得る。アンドレ・シャーリエ・ピアノコンクール第1位(ベルギー)。シャトゥー国際ピアノコンクール特別賞(フランス)。ベルギー・ブリュッセル王立音楽院マスタースペシャリゼ課程修了。ディプロム《Grande Distinction》を得る。
 留学中、在ベルギー日本大使館、シャルルロワ芸術宮殿、ブリュッセル楽器博物館、EU本部議会ホールなどでリサイタルを多数行う。2014年末、日本完全帰国。帰国後は2015年1月の『帰国記念リサイタル(草加中央公民館)』を皮切りに、在日本ベルギー大使館・在ベルギー日本大使館・幼稚園・小学校など日本とベルギー両国での演奏活動を行う他、2015年『文化庁/日本演奏連盟主催 新進演奏家育成プロジェクト・TOKYO41守田絢子ピアノリサイタル(東京文化会館)』。2016年『日本ベルギー友好150周年記念演奏会(JTアートホール)』などの出演がある。
 これまでに、大村立子、渡辺秋香、恩田明香、御木本澄子、後藤美由紀、鷲見加寿子、稲田潤子、菅野潤、ビリー・エィディ、ドミニク・コルニル諸氏に師事。
 現在、昭和学院短期大学非常勤講師。 日本演奏連盟会員。日本ベルギー学会会員。

shop info会館情報

草加市文化会館

〒340-0013
埼玉県草加市松江1-1-5
TEL 048-931-9325
開館時間 9:00〜21:30
(綜合受付は21:00まで)