国際ハープフェスティバル2006草加市 11月16日(木)〜19日(日)

過去の開催風景

平成18年度 国際ハープフェスティバル2006‐草加市

 11月16日〜19日まで国際ハープフェスティバルが草加市文化会館で開催され、延べ2000人がハープの音色を楽しみました。



今様・草加宿コーラス

 日本ハープコンクールアドバンス部門では、景山梨乃さん(左)、ジュニア部門では中国のトン・チンヤさん(右)がそれぞれ優勝し、トロフィーが授与されました。

アドバンス部門、景山梨乃さん
景山梨乃さん
ジュニア部門、トン・チンヤさん
トン・チンヤさん

斉藤葉さん
斉藤葉さん

オカリナ奏者の宗次郎さん
宗次郎さん

 19日のファイナルコンサートでは、特別ゲストとしてオカリナ奏者の宗次郎さん(右)が招かれ、オカリナと斉藤葉さん(左)の箜篌(くご)・ハープなどによるオリジナル曲などが披露されました。
 箜篌は、天平時代(8世紀)に水音と呼ばれる美しい独特の低音で親しまれ、近年に復元された楽器。また、オカリナは紀元前から愛されている楽器です。

 奏でられた音色に観客は魅了され、大きな拍手が送られていました。


 ラストには、ヨセフ・モルナール氏の指揮によるハープ25台のグランドアンサンブルによる「菊の花の祭り」が演奏され、草加に響いていたハープの祭典が閉幕されました。
グランドアンサンブルによる「菊の花の祭り」


 また、スクールコンサートが花栗南小、新栄小、新田小、瀬崎小で開催されました。子どもたちはハープの説明を受け、実際に体験したり、プロの演奏を熱心に聞いていました。

花栗南小
花栗南小
新栄小
新栄小
新田小
新田小
瀬崎小
瀬崎小


 草加駅・松原団地駅と獨協大学でもスポットコンサートが開催され、街行く人々の足をハープの美しい音色で止めていました。
草加駅
草加駅
松原団地駅
松原団地駅
獨協大学
獨協大学