本文へ移動
歌とダンスのファンタジーⅩ
メルヒェン号出航!
~物語の不思議を解き明かせ~
市民力を結集させてが創り上げる音楽劇シリーズの第10弾☆

8月からワークショップを重ねた一般公募の朗読・ダンス出演者たちが、みなさんをファンタジーな世界へとご案内します。
 
総勢170名を超えるキャストと一緒に、メルヘンの大海原へ!
「メルヒェン号」に乗って出航しよう!
 
公演情報
日時
2019年1月27日(日) 
開場14:30/開演15:00/終演時間17:00予定
会場
草加市文化会館ホール
出演
市民朗読チーム
市民ダンスチーム
ヴェラドンナ・リリー
コール・ファンタジア
草加ジュニアオーケストラ合唱団
草加市演奏家協会
草加市音楽家協会
草加市民吹奏楽団(指揮 さかはし矢波)
歌ダンスペシャルバンド(Pf. 武永京子 Gt. 鈴木敏幸 B. サリー佐藤 Drs. 中屋啓之)
チケット
<当日券あり>
発売日時:2019年1月27日(日)14:00~
場所:草加市文化会館ホール正面入口 当日券売場
【全席指定】
一般 1,000円(高校生以上)
子ども 500円(3歳~中学生)
※0~2歳のひざ上鑑賞無料
発売日
<一般販売> 2018年10月27日(土)10:00
※草加市文化会館電話予約は翌日10:00~
プレイガイド
草加市文化会館(チケット専用)
TEL 048-931-9977
(休館日を除く9:00~21:00)
東武よみうりチケットセンター
TEL 048-987-0553
草加市物産・観光情報センター
TEL 048-921-1800
Tickets Today<当日引換券>
*のこりわずか
*開演1時間前まで販売
主催
草加市、公益財団法人草加市文化協会
後援
草加市教育委員会、草加市文化団体連合会、NHKさいたま放送局
脚本・演出
西村達郎
お問い合わせ
草加市文化会館 TEL 048-931-9325
Story
おとぎ話や童話、神話などのメルヘンの世界の謎に取り組む「メルヘン探偵団」。
彼らの草加オフィスには、毎日、世界中の人たちからメルヘンの世界に関する調査や謎解きの依頼が届けられている。
依頼を受けると探偵団はメルヘンの大海原に「メルヒェン号」に乗って出航する。
 
調査依頼は4件。
 
エピソード1「パンドラの箱の不思議&玉手箱の不思議」
ギリシャ神話のパンドラの箱。なぜ「希望」は最後まで箱の底に残っていたのか?
日本の昔話の玉手箱。なぜ乙姫は愛する浦島に玉手箱を渡したのか?
 
エピソード2「めでたしめでたしのその後の物語」
「めでたしめでたし」で終わったシンデレラの物語。彼女らのその後の暮らしぶりは?
いつまでも「めでたしめでたし」でいられるのか?
 
エピソード3「かぐや姫が愛した人は誰?」
竹取物語の主人公、かぐや姫。彼女は言い寄る男たちに無理難題を押しつける。お金持ちで身分の高い男たちの求愛を拒否する背景には、かぐや姫がひそかに心寄せている大切な人がいた。
 
エピソード4「青い鳥はラスト・エンジェル」
メーテルリンク作の「青い鳥」。その最後の場面で、幸せを運ぶ青い鳥は逃げてしまう。
はたして「青い鳥」の正体は?
 

メルヘン探偵団の活躍をお楽しみに。
 
出演者
朗読チーム・ダンスチーム(一般公募)

一般公募により集まった87名の出演者。 朗読とダンスに分かれ、8月から約20回のワークショップを重ねてステージへ!

 
ヴェラドンナ・リリー(女声合唱)
平成9年に発足した草加市内で活動している女声コーラスグループです。毎週水曜日の午前中、川柳文化センターで楽しくパワフルな先生方のもと、笑いのたえないレッスンをしています。
近年は、草加市内の老人養護施設でミニコンサートを行っています。とても喜んでくださり、私たちも元気をいただいています。
「歌とダンスのファンタジー」への出演は6度目となります。異なる分野の方と力を合わせて、ひとつのステージを作る活動に参加させていただけることは、私たちの大きな原動力になっています。
今日も皆様に喜んでいただけるステージを目指して頑張ります。
 
コール・ファンタジア(混声合唱)
「コーラス風」「コール・リバー」「メサイア歌の会」3つのグループ合同のコーラスグループ。このたびはその中から20名が参加します。
コーラス風は第1、第3、第4金曜日午前10時~12時(ふれあいの里)、コール・リバーは第2、第4月曜日午後1時~3時(主に原町コミュニティーセンター)、メサイア歌の会は第1、第3土曜日午前10時~12時半(新里町)で活動しており、講師の河内紀恵先生の指導のもと、みんなで歌うこと楽しんでいます。「歌とダンスのファンタジー」でも歌声を会場いっぱいに響かせてご来場の皆様に楽しいひと時をお贈りしたいと思っております。

 
草加ジュニアオーケストラ合唱団(子ども合唱)
草加ジュニアオーケストラは平成5年、音楽都市宣言の記念事業として、草加市立中央公民館と協働でヴァイオリン教室からスタート、合唱団は平成18年に合唱部を創設、平成19年4月に草加児童合唱団が合流、平成30年4月に草加ジュニアオーケストラ合唱団と改名、継続しています。草加ジュニアオーケストラとオペラや合唱曲で共演、現在26名の団員で多くの市内行事で歌声を披露しています。昨年11月には、草加市文化会館で行われた「ふささら祭り」「草加市制60周年記念式典」にも出演しました。
合唱団の練習は毎週土曜の午後、中央公民館で行っています。講師の河内紀恵先生の指導のもと、明るく楽しく歌っています。団員募集中です!ぜひ一緒に楽しく歌いましょう!
 
草加市演奏家協会
河内紀恵(ソプラノ)
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学同声会卒業演奏会出演。二期会オペラ研修所プロフェッショナル・コース総合第3期修了。二期会ニューウェーブオペラ、モンテヴェルディ作曲「ポッペアの戴冠」パッラーデ役でデビュー。ソリストとして都内などでソロリサイタルを開催する他、コンサートに多数出演。アメリカ・アスペン音楽祭出演、イタリア・サンタマルゲリータ音楽講習会に参加し、研鑚を積む。日伊声楽コンコルソ、日本声楽コンクール入選。東京芸術大学同声会会員、二期会会員、日伊音楽協会会員、全埼玉私立幼稚園連合会講師、公益財団法人草加市文化協会評議員、草加市演奏家協会会長。
 
草加市演奏家協会
長尾隆央(テノール)
青森市出身。国立音楽大学声楽科卒業、同大学院歌曲科ドイツ歌曲専攻修了。大学院修了時、大学院新人演奏会、青森県同調会新人演奏会に出演。声楽を久岡昇、竹内則雄、牧野成史の各氏に師事。これまでに、バッハ「ヨハネ受難曲」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」、モーツァルト「レクイエム」、「戴冠ミサ」、ベートーヴェン「第九」などのソリストを務める。オペラにおいては「魔笛」タミーノ役、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに出演し、ドイツ・ヴァルトクライブルク、及びミュンヘンの劇場にてプッチーニ「蝶々夫人」ゴロー役でヨーロッパデビューするなど活躍の場を広げている。東京混声合唱団レジデントメンバー、男声カルテット「エレガントノーツ」メンバー。
 
草加市音楽家協会
吉川歌穂(ソプラノ)
千葉県印西市出身。東京音楽大学声楽専攻声楽演奏家コース卒業。児童合唱団で歌を始め、高校1年より声楽を学ぶ。幼少期よりクラシックバレエ、ジャズダンスの研鑽も積む。これまでに「こうもり」イーダ、「チャールダーシュの女王」アナスタージア、「ルイーズ」新聞売り、「華狐」主演お花等で出演。その他様々なオペラで合唱、主要キャストのアンダースタディを務める。大学在学中、オーディション合格者によるソロ・室内楽定期演奏会、卒業試験成績優秀者演奏会出演。声楽を長谷川紀久恵、長谷川大祐、木村奈緒美、服部容子、田代誠の各氏に師事。2/11日本オペレッタ協会本公演「ルクセンブルク伯爵」ジュリエット役で出演予定。
 
草加市音楽家協会
吉田栄理子(メゾソプラノ)
尚美学園ディプロマコース修了。二期会オペラスタジオ修了。埼玉オペラ「魔笛」「こうもり」「修道女アンジェリカ」「ヘンゼルとグレーテル」、浦和市民オペラ「蝶々夫人」「椿姫」、さいたまシティオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」等のオペラ、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団「オペラ名曲の夕べ」等のコンサートに出演。二期会会員。埼玉オペラ協会会員。さいたまシティオペラ会員。草加市音楽家協会会員。
 
指揮・演奏指導
さかはし矢波
桐朋学園大学音楽学部フルート科同研究科卒業。在学中にドップラー記念コンクール本選入選。NHK新人オーディションに1位合格。ジュリアス・ベーカー・マスタークラスコンクール4位入賞(アメリカ)。オーケストラ奏者として活躍する一方、ソリストとして国内外のオーケストラと共演。2002年より指揮者として活動を開始する。2018年4月には東京フィルハーモニー交響楽団を指揮(所属する楽団員による指揮は東京フィル初)。抒情的かつ情熱的な指揮は多くのファンを魅了している。現在、東京フィルハーモニー交響楽団フルート奏者、聖徳基督学院音楽科客員教授(台湾)。JICA東京SDGs吹奏楽団音楽監督。草加市民吹奏楽団音楽監督。栃木市民吹奏楽団音楽監督。栃木市文化大使。「THE FLUTE」誌にエッセイ“さかはし矢波のつれづれ放送局”を連載中。また、ラジオパーソナリティとして、音楽番組“さかはし矢波の三ツ星クラシック”をオンエア中(CRT栃木放送)。草加市在住。
 
草加市民吹奏楽団
1979年3月創団。今年40周年を迎える。毎週水曜日夜に草加市立中央公民館で活動している。主な活動は秋の定期演奏会、夏休み親子コンサート、ムーンライトコンサート、草加市吹奏楽フェスティバル、中央公民館まつり、文化の広場、歌とダンスのファンタジー。そのほか、施設等の依頼演奏も積極的に行う。平成21年度埼玉県文化ともしび賞受賞。2010年2月に草加市市政功労賞表彰を受ける。2010年度より市内在住の音楽家さかはし矢波氏を音楽監督に迎えて活動している。2012年4月に栃木市民吹奏楽団と姉妹友好楽団となり交流を深めている。現在団員数48名。
ホームページ http://soka-wind.net/
 
 
歌ダンスペシャルバンド
武永京子(ピアノ)
神戸女学院大学音楽学部 器楽科ピアノ科卒業。
NHKEテレ「おかあさんといっしょ」「いないいないばあ」「英語であそば」「NHK BSみんなでドーモくん!」等、多数の子供番組にシンセサイザー、ピアノ、チェンバロで参加。
「おかあさんといっしょ」の月歌のピアノ譜アレンジを20年以上担当し、各社楽譜ダウンロードサイトで販売している。
布施明 青田典子 野口五郎 声優小桜エツコ 日高のり子 井上喜久子 川田妙子等多数の歌手や声優のコンサートツアー、ライブにピアノ、キーボード、編曲で参加。
学研よりピアノ曲集「カンタン映画音楽Vol.1」「カンタン映画音楽Vol.2」を出版。
日本作編曲家協会主催「コーラスプラスⅠ」では、サントリーホールにて合唱曲を4年連続で発表演奏している。
平成28年度より、フローレン銀座(www.floren-ginza.jp)にてウイッグモデルを務める。

 
 
鈴木敏幸(ギター)
ギタリスト。ジャズギターを宮之上貴昭氏に師事。演奏活動する中、ジャズドラマーのエルヴィン・ジョーンズとも共演する。また一方で歌手のボニージャックス等のバックバンドも務める。
現在、横浜、東京を中心に幅広く音楽活動をする中、自己のグループにおいてライブハウス等で活躍中。

 
 
サリー佐藤(ベース)
1970年ロックグループサウンズ "バニーズ" に参加。その後、ビックバンド"田端貞一とポイントアフター"、ジャズコンボ"松本英彦グループ"、男性コーラスグループ"ボニージャックス"のバックバンドに参加する。
また、中村達也ニューヨークユニットで、ハンニバル・マービン・ピーターソン(tp)と共演、ジョン・ヒックス(pf) と「We Four」をレコーディング、など多種多彩なジャンルで活躍。
現在は、T.Akira(フィンガーファイブ)Band、オカリナユニット"EAST"に参加している。

 
中屋啓之(ドラム)
プロドラマーである父の影響で幼少の頃からドラムを始める。
ジャズを基軸にした幅広い音楽性を持ち、抜群のセンスによる繊細にしてパワフルなサウンド、そしてまるで物語を語るようなクリエイティブなプレイは、高い評価を得ている。

 
休館日のご案内
 ●毎月第1水曜日、12/29~1/3
 ※その他、臨時休館あり
2019年
 ●1月1日(日)、2日(水)、3日(木)
 ●2月6日(水)
 ●3月6日(水)
 ●4月3日(水)
 ●5月1日(水)
 ●6月5日(水)
TOPへ戻る